KYOBI 学校法人 二本松学院 京都美術工芸大学
KYOBI 学校法人 二本松学院 京都美術工芸大学
学部・学科

建築デザインコース・伝統建築コース建築学科

建築設計に関わるために必要な構造の知識から、デザイン、歴史文化などを幅広く、バランス良く学ぶ。
建物の設計は、そこで住まう人の暮らしを描くこと。

建築学科の学びは多様な領域を網羅しています。
使いやすさや美しさにかかわる建築設計や安全性にかかわる建築構造のノウハウはもちろんのこと、建築の概念や歴史、都市・景観の考え方まで幅広く学び、模型制作や製図などを通して実践の中で確かな力にしていきます。
美術系大学だからこそ表現力にもこだわり、魅力的なデザインと説得力のある提案を行う力を磨きます。

現代社会の課題を「建築」で解決する人に

建築計画

建築計画・意匠イメージ

建築に関わるうえで必須の基礎知識について理解を深め、構造的な視点を養う。

建築そのものを理解するために必要な基礎知識や建築計画・設計に要求される知識・技術、計画・設計手法を体系的に学習。設計を行ううえで理解しておきたい人間の知覚や行動についても学びます。

建築設計

建築設計・意匠イメージ

良い空間を創り出すために必要とされる建築の設計プロセスをトータルに学ぶ。

数々の課題に向き合って設計を経験することで、一通りのプロセスを身につけます。使いやすく美しい建築を実現するために、作品づくりを通して設計やインテリアデザイン、景観のデザインなどに必要な知識を深めます。

都市・まちづくり

都市・まちづくりイメージ

まち・地域・都市を設計・計画するために必要な領域を学ぶ。

建築・都市空間を対象として、「良い空間とは何か?」を探究。都市と建築との関わり、市街地環境や都市景観のあり方などについて幅広く学ぶことで、自分で計画し、提言する力を身につけます。

歴史的建造物

歴史的建造物イメージ

古都・京都の環境を生かして歴史的建造物の保存やリノベーションを学ぶ。

伝統的な建築物の保存に関わる知識を学ぶと共に、町家や古民家のリノベーションなどの再生技術を修得。古文書の解読や絵画史料の分析方法、伝統建築特有の製図の理解も深めます。

「二級建築士」資格が在学中に取得可能

在学中に取得可能な資格

  • 二級建築士★※
  • 木造建築士★※
  • 2級建築施工管理技士(学科のみ)
  • インテリアプランナー
  • インテリアコーディネーター
  • CAD利用技術者試験
  • 福祉住環境コーディネーター など

★は本学が在学中に取得を奨励する資格です。

※グループ校(京都建築大学校 KASD)とのWスクールシステムによるキャリアサポート講座=建築士受験資格取得講座(2年間)受講が必要

卒業後に取得を目指す資格

  • 一級建築士※1
  • 1級建築施工管理技士※2
  • 2級建築施工管理技士※3 など

※1.卒業後2年の実務経験で受験可能

※2.卒業後3年の実務経験で受験可能

※3.卒業後1年の実務経験で受験可能

学校法人 二本松学院
Scroll Back to Top