KYOBI 学校法人 二本松学院 京都美術工芸大学
KYOBI 学校法人 二本松学院 京都美術工芸大学
学部・学科

文化財領域美術工芸学科・文化財領域

「ほんもの」に触れる学びで日本の文化と技術の深みを理解し、それらを世界に発信できる人へ。

グローバル化が進み、日本の文化的価値の発信がますます重要な現代において活躍が期待される次世代のキュレーターを育成。
文化財の保存や調査・研究、文化財を活用した観光振興などに取り組むことで文化財の可能性を再発見し、今後活躍が期待される観光ビジネスや文化財保護の現場で活躍できる人材を養成します。

歴史文化遺産専攻モデル

調査

調査イメージ

文化遺産の価値を理解するために必要な調査力を身につける。

文化財の背景となる歴史・文化に関する知識を学び、過去の人々がそれぞれの時代に記した古文書や古記録などの資料を読み込むスキルを習得。文化財がどんな価値を持つものかを調べる力を培います。

研究

研究イメージ

論理的・科学的手法でテーマを追究し、謎を解き明かしていく。

文化財に関するさまざまな事象について、論理的・科学的に考え、自分たちで実験を繰り返しながら新たな知見を獲得することをめざします。考古遺物の年代や材料、技法などが主なテーマとなります。

修理

修理イメージ

傷んだ文化財を修復し、次代につなぐ技術を習得。報告書作成もマスター。

破損・劣化などにより傷んだ文化財を修復する知識と技術を習得。またどういう方向で修理すべきかを見極める判断力を培います。さらに修理を行ってわかった事実を報告書にまとめるスキルも身につけます。

保存

保存イメージ

価値ある文化財を後世に残していくために必要な保存法を学ぶ。

文化財は適切に保存されないと変容・劣化が進みます。多くの文化財が整った環境で保護されているわけではありません。保存性を高めるにはどんな配慮が必要かを学び、実践に生かせる力を身につけます。

活用

活用イメージ

多くの人が気づいていない文化財の価値を伝え、地域の活性化に生かす。

文化財は守り継ぐだけの存在ではありません。その価値を再発見し、発信することで地域の活性化につなげることができます。行政や地域と連携し、課題解決に取り組むプログラムで活用の実践力を磨きます。

文化財活用の可能性を広げる資格取得をめざす

在学中に取得可能な資格

  • 博物館学芸員

関連科目を履修することで、卒業と同時に取得可能です。

  • 二級建築士

博物館学芸員養成科目

博物館経営論/博物館資料論/博物館資料保存論/博物館展示論/博物館情報・メディア論/博物館教育論/博物館実習(教養科目の「生涯学習論」「博物館概論」と合わせ計9科目)

在学中に挑戦できる検定

  • 京都・観光文化検定

歴史、文化、神社・寺院、祭や行事、工芸、暮らしなど幅広い切り口で京都の理解度を認定。本領域の学びにも深く関わります。

推奨する検定

  • TOEIC

歴史文化遺産の魅力を英語で伝える技能を身につけます。

学校法人 二本松学院
Scroll Back to Top