探検ツアー

卒業制作展

2019年より、学生たちが授業や学生生活に使用している東山キャンパスを舞台に、4年間の集大成として制作した卒業作品や卒業論文を展示。高校生や一般の方など多くの人が訪れます。

理事長賞

オフィス街に住まう
-都市の夜間人口を増やす-

都市に働くサラリーマンたちは郊外から出勤しています。
サラリーマンが満員電車で自宅に帰ると、オフィス街はまるでデッドタウンのよう。さらに会社が休みの土日にはオフィス街は更に暗くなって治安も悪化します。
オフィス街に、住まいという建築物を置くことで新たなコミュニティと街並みが生まれていきます。
敷地は日本を代表する一つのオフィス街、御堂筋です。

濱川 はるか

  大阪YMCA国際専門学校(大阪府) 出身

欅拭漆三枚飾棚

和室や洋室など様々な場所で使用してもらえるような飾棚を目指して制作しました。
また、木目の美しさを活かせるよう、曲線や空間のバランスに特にこだわりました。

濱口 凜

  岡山工業高校(岡山県) 出身

学長賞

瀬戸内海
豊島産廃跡地利用計画

敷地は瀬戸内海に囲まれた香川県豊島の西部エリア。ここは大量の有害な産業廃棄物が不法投棄された場所である。
本プロジェクトは3つの自然エネルギー(太陽光・風力・潮力)を総合的に発電する実験としての村おこし計画である。
また、瀬戸内海国際芸術祭のタイアップとして音楽学校も新設し、より総合的な芸術祭としたい。

芦田 弘一朗

  関西大倉高校(大阪府) 出身

piccoione

フォルムは、鳩のどこか人間くさいような愛嬌のある仕草や表情が表れるようにぽってりとしたイメージに。頭は小さく、ずんぐりとした鳩胸、頭から尾にかけての流れる様な曲線を鳩の特徴として大事にしました。
また表面は模様をつけ、錫粉を混ぜることで羽根の重なりや透け感を表現しています。

二宮 里穂

  古賀竟成館高校(福岡県) 出身

最優秀賞

ひらがな紋

中村 くるみ

  水口東高校(滋賀県) 出身

小江環境芸術館

瀬戸内海に浮かぶ島小豆島の北西端にある採石場跡地。
現在は立ち入りを禁止されているこの「負の遺産」とも呼ばれる場所は、採石がなされたからこそ偶然にも美しい景色が生み出されたとも言える。
生きる上で少なからず自然は壊すことになるし、ごみも出る。ならばそれらと上手に付き合っていかなくてはならない。
過去を受け止め未来へつなぐ、負の遺産の自然とごみの美術品としての魅力の発信と再生を目的とした芸術館の提案。

那須 福音

  岡山操山高校(岡山県) 出身

御所八幡宮の社地・社殿の変遷

松本 愛理

  筑紫女学園高校(福岡県) 出身

Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515