二本松学院へのご支援をお考えの皆様へ
1.ご寄付のお願い

 皆様方には平素より学校法人二本松学院の教育事業に深いご理解とご支援を賜り、誠に有難うございます。

 さて、急速なグローバル化、少子高齢化の進展、産業構造や社会動向の大きな変化など、将来への不確実性が一段と高まるなか、昨年度は、京都美術工芸大学の京都東山キャンパス構想について京都市と基本協定を締結し、構想を推進するとともに、京都建築大学校、京都伝統工芸大学校が、文部科学大臣から認可された職業専門実践課程として新たなスタートをきりました。
 また、学院運営に直結する経済、社会環境としては、震災復興、東京オリンピック、リニア新幹線などの影響で、建設分野がブームになるとともに、一昨年の和食に続き、昨年は和紙がユネスコの世界文化遺産に登録されたことで、日本の伝統文化に対する関心が高まっております。
 こうした環境下において、将来の大いなる飛躍に向けた基盤を固めるために、本学院としてはこれまでに築きあげた伝統と実績を有効に活用し、全国的にも優位な三校の持ち味をしっかりと連携させ、各学校運営の強化と真に必要な人材の育成に邁進していきたいと思っております。
 「学生が意欲を持って学び、卒業生が誇れる母校」、「即戦力の人材育成による地域や産業発展への寄与」をモットーに、「高度な技術と豊かな人間性を備えた教養ある産業人育成」を目指し、学生一人ひとりの個性や能力、経験を協調させて、魅力と活力のある二本松学院三校の更なる発展に向けて事業を着実に進めてまいりたいと思います。
 皆様におかれましては、本学院の教育、学生の学びの支援並びに施設設備の充実に向けて、格別のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2.寄付金の減免税措置について

ご寄付金をいただきますと、税法上の優遇措置を受けることができます。

(1)個人の場合〔特定公益増進法人であることの証明書〕

個人からの寄付金については、所得控除制度により税法上の優遇措置を受けていただくことができます。

①所得控除制度

所得控除制度

※ふるさと納税など、他の寄付金との合計額となります。


②寄付金控除の手続き

所得控除の手続きは寄付された年分の確定申告で行います。その際には、後日お送りします当方発行の「領収書」と「特定公益増進法人証明書(写)」を添えて、税務署にて手続きください。

(2)企業法人の場合〔受配者指定寄付金制度〕

日本私立学校振興・共済事業団(以下「私学事業団」)の受配者指定寄付金制度により、法人からの寄付金につきましては、法人税法に基づいて、当該事業年度の損金に算入することができます。
この手続きは、本学所定の寄付申込書のほか、私学事業団宛の寄付金申込書が必要となりますので、事前に下記にご連絡・お問い合わせをお願い致します。

3.寄付金のお申込単位

1口1万円以上(千円単位のご芳志もありがたくお受けさせていただきます。)

4.ご寄付のお申込・お振込方法やその他お問い合わせは下記までお願いいたします。

〒622-0041 京都府南丹市園部町二本松1-17
学校法人 二本松学院 法人事務局 経理課 担当:西村
TEL:0771-63-1011 FAX:0771-63-1020

PAGE TOP