Student support

キャンパス・ハラスメントってなに?
ハラスメント(Harassment)とは、不適切な言葉や行為によって、相手に不快感や不利益を与え、就学や就労環境などを悪化させることを意味します。
キャンパスにおいて起こりうるハラスメントをキャンパス・ハラスメントといい、セクシャル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメント、ジェンダー・ハラスメント、アルコール・ハラスメントなどが含まれます。
例えば

・性的な言葉や行為によって相手に不快感を与える。
・身体の一部に意識的に触れたり、性的な関係を強要する。
・教員が学生に対する教育、研究指導を放棄する。
・就職や進学の妨害をする。
・教員が指導中に学生を罵倒したり、不当に低い評価をつける。
・指導や注意の範囲を超えて、人格を否定するような発言を行う。
・「男(女)のくせに」「だから女(男)はだめだ」など、性別による差別的発言を行う。
・飲み会や打ち上げの席で、相手の体質や意向を無視して飲酒をすすめたり、一気飲みや早飲みを強要する。
・酒に酔った勢いで周囲の人に暴力を振るったり、暴言を浴びせる。
キャンパス・ハラスメントに
あってしまったら?
キャンパス・ハラスメントの被害にあったと思ったときは、一人で抱え込まず、悩んでいる状況を友人や知人など信頼できる身近な人や、ハラスメント相談室に伝えてください。
ハラスメント相談室では、関係者のプライバシー尊重と秘密厳守について十分に配慮し、あなたと一緒に解決への道を探っていきます。
ハラスメント相談室窓口
ハラスメント相談室では、メール、手紙による相談も受け付けています。
京都美術工芸大学の学生、教職員ほか本学の構成員ならどなたでも利用できます。

メール soudan@kyobi.ac.jp
手紙 〒605-0991
京都市東山区川端七条上ル 京都美術工芸大学 ハラスメント防止対策委員会
相談から解決まで