employment 就職・資格

二級建築士・木造建築士

KYOBIでは、グループ校の京都建築大学校(KASD)とのWスクールシステムにより、希望者全員を対象として1・2年次に受験資格取得講座を開講。2年次修了時に「二級建築士・木造建築士」の受験資格が取得できます。3年次には受験対策講座を受講し、本試験にチャレンジすることにより、他大学では在学中に取得できない「二級建築士・木造建築士」資格を在学中に取得することが可能です。在学中に資格を取得すれば、即プロとして活躍できるため、建築業界をめざす人にとって大きなアドバンテージになるに違いありません。

最年少20歳での合格者を多数輩出!

奨学金として、3年間の講座授業料160万円を全額給付!

他大学の場合、受験できるのは卒業後

二級建築士の資格を取得しておけば、一級建築士への挑戦もスムーズ!

一級建築士合格のためには、二級建築士の資格取得で学んだ製図スキルを身につけておくとかなり有利です。





合格者の声

二級建築士合格
建築学科3年
長野工業高校(長野県)出身
松尾 実奈さん

「時間がない!」と悩むのは、「まだ時間がある」証拠です。

「試験までの時間がない」と泣いた時にもまだ時間はあり、それを味方につけることができました、という松尾さん。そんな彼女のとてもユニークな勉強法をここに公開します!

合格に至った勉強法を教えてください。

試験1ヵ月前に泣きっ面で壁一面に要点を貼って、寝る前や歯磨き時にも見たり読み上げたり、壁に話しかけて覚えたことも。ついには窓にも貼るようになり、カーテンを閉めずにがんばりました。

オリジナルな取り組みは?

スマホは電源を切ってポストに入れて、決まった時間だけ使用するように。不必要な情報を取り入れたり、楽しそうに遊んでいる人にイライラすることを避けることができました。

これからの目標は?

さまざまな住宅ニーズに応え、自分のやりたいことを形にしていきたいです。就職後は取引先や顧客から信頼される建築士になりたいと思います。最終的にめざすのは一級建築士です。

木造建築士合格
建築学科3年生
向陽台高校(大阪府)出身
山本 尚輝さん

合格をめざすには、自己管理が何より重要です。

「京都だから学べる伝統建築の魅力」を見つけ、資格受験にも熱心に興味を持って取り組めたという山本さん。そんな真面目な性格の彼が、見事に合格を勝ち取った経験を聞いてみました。

合格の秘訣を教えてください。

リモート講座の場合、どこまでやれるかは自分のモチベーション次第。やる気を保つために、毎日の行動を習慣化(寝る前に前日と当日の勉強内容を復習など)しました。

資格取得のメリットとは?

就職活動には大きなアドバンテージです。また建築は専門的な技術や知識が必要とされる職業なので、受験勉強で専門的な知見を得られる点でも価値があると思います。

後輩へのメッセージをお願いします。

資格受験は長期的な学習です。試験本番日まで、無茶はせず、毎日コツコツが大事だと思います。このような状況でも健康第一で、程よい緊張感を持ちつつ乗り越えてください。

木造建築士合格
美術工芸学科 工芸コース(木工・彫刻)3年生
京都芸術高校(京都府)出身
村田 樹彦さん

ただ数字を暗記するのではなく、
「なぜその数字なのか」を覚える。

「頭の中に誤りのない情報が入っていないと、学科試験で正解に至ることはできない」という村田さん。数字の暗記ではなく、数字の持つ正しい意味を理解する大切さを語ってくれました。

資格取得を希望したきっかけについて。

入学数か月前にWスクール制度を知り、せっかく制度があるのであればやってみたいと思ったことです。やれるんだったらやろう、という思いで当時は深い理由はなかったです。

合格の秘訣を教えてください。

学科試験では、単にデータや数字を覚えるのではなくて「どうしてその数字なのか」を正しく覚える必要があります。数字のもつ意味と理由を関連付けて覚えることが合格の秘訣です。

資格取得のメリットとは?

特に就職面でのメリットが大きいと思います。資格勉強を通して得た達成感もメリットです。資格取得に向けた時間や努力は、得難い経験になると思います。

Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515