about 大学案内

建学の理念
世界を代表する美術工芸文化が息づく京都で、わが国の伝統と文化を尊重し、その継承と文化の創造を担う有為な人材を育成するため、美術工芸に係る教育・研究を行い、併せて教養を身につけた専門職業人を育てることにより、国家・社会の発展に貢献することを目的とする。
特色

KYOBIの学び・5つのポイント

KYOBIは、建築からインテリア、そして多岐にわたる美術工芸分野の創造性を学ぶ実学の大学です。その基本となるのは、京都に息づく「ものづくり」の精神です。さまざまな「ものづくり」を追求するために、伝統に裏打ちされた先人の知恵は欠かせません。KYOBIでは、歴史的建造物や貴重な文化財だけでなく、京都に芽ばえた新しい文化も学びの基本に据えています。さらに、他大学では在学中に取得できない「二級建築士・木造建築士」や「インテリアプランナー」など、多様な資格を在学中に取得できる体制も整えています。

Point 1
京都の真ん中で“日本”を学ぶ
京都東山キャンパスの近隣には、京都国立博物館や三十三間堂など文化的価値の高い建築物、美術工芸品が数多く点在しています。KYOBIの学びの根底には、日本の伝統文化がしっかりと息づいています。

Point 2
ひとつだけではなく多くの視点を、複眼で見つける美の世界
建築と美術工芸。KYOBIの学びの最大の特色は、さまざまなクリエイティブ領域を融合させて学べることです。複数の領域にまたがって学ぶことで、ものづくりの発想・視野が大きく広がります。

Point 3
描く力は、つくるチカラ
クリエイティブの基本は優れたデッサン力です。豊かな感性や発想力、アイデアを具現化するアートとアーキテクトのスキル。そんな力を磨ける学びがKYOBIにはあります。

Point 4
プロの資格を在学中に
グループ校の「京都建築大学校(KASD)」とのWスクールシステムにより、他大学では在学中に取得できない「二級建築士・木造建築士」資格が在学中に取得可能です。

Point 5
ギャラリーのあるキャンパス
大学内のギャラリーで作品展示を行うことで自身を発信します。作品の企画、制作、展示や販売までを自分でプロデュースし、社会とつながる「ものづくり」を在学中から学ぶことができます。

Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515