about 大学案内

大学の理念
世界を代表する美術工芸文化が息づく京都で、わが国の伝統と文化を尊重し、その継承と文化の創造を担う有為な人材を育成するため、美術工芸に係る教育・研究を行い、併せて教養を身につけた専門職業人を育てることにより、国家・社会の発展に貢献することを目的とする。
大学の教育目標

本学では大学理念の具現化のために、「社会人基礎力」「学士力」「職業実践力」を身につけた専門職業人の育成に努めることを教育上の目的とします。
「社会人基礎力」とは、経済産業省が定めた「人が社会に生きて行くのに必要な基礎的な力」で、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」を培うことです。「学士力」は中央教育審議会が定めた、学士課程の各専攻分野を通じて培う力、教養を身につけた市民として行動できる能力のことで、「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」「総合的な学習経験と創造的思考力」からなっています。また、「職業実践力」は学生が目標とする職業に従事するために必要な専門的な知識・技能を4年間の職業教育により得られる能力のことです。
これらの能力は様々な素養から成り立っており、本学では教育上の目的により重点化して、次の「3つの素養」を身につけた人材を育成することをめざします。

  • 美術工芸<工芸・デザイン・文化財・建築>に関する知識・技能
  • 社会に受け入れられる人間力
  • 美術工芸の将来を思考する能力

これらの素養は、社会人基礎力、学士力、職業実践力のそれぞれが複合的に作用し合って育まれます。これらにより育つべき人材像は、専門的技術や知識のみに偏重することなくかつ、社会的にも歓迎される人間性を兼ね備えた美術工芸業界を牽引すべき社会人となると考えられます。
本学では、こうした教育目標を達成するため、学生のみなさんとともに、教職員が一丸となって取り組みます。

Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL0120-33-3372