arts & crafts

デザイン領域

社会のニーズや課題を敏感に捉え、
解決のために必要なデザインを
生み出していく力を磨く。

  • ビジュアルデザインコース
  • インテリア・空間デザインコース
  • 工芸デザインコース

デザインとアートの違いを端的に言い表すなら、「アートは自己表現」であり、「デザインは問題解決」といえるでしょう。デザイナーは顧客からオーダーを受け、そこにある課題を自分の視点で見つめ、最も良い解決策を考えて具現化します。そのため、KYOBIのデザイン領域では、単にグラフィックソフトの使い方の習得や造形のスキルを高めることだけを学びの目的としていません。社会のニーズや課題に対し、独自の考えを展開できるよう「発想力」「表現力」「コミュニケーション力」、そして「フィニッシュワーク力」をそれぞれ高めることをめざします。

Department of Arts & Crafts

01ビジュアルデザインコース
ビジュアルデザイン/広告・編集/イラスト/ キャラクター/パッケージ/3D・CG

人や社会に「何かを伝えること」を目的にするグラフィックデザインを中心に扱います。新聞・雑誌・ポスターなどの広告をはじめ、パッケージ、書籍、サイン、そしてWebなど、私たちに情報を訴えるさまざまなデザインを制作するスキルを身につけます。また、イラストやキャラクターデザイン、3D・CGの技法も習得します。

02インテリア・空間デザインコース
インテリアデザイン/店舗デザイン/ディスプレイデザイン/家具デザイン

人が心地良く過ごすには何が必要なのかを見つめ、具体的に空間を演出するインテリアや空間デザインのスキルを学びます。扱うテーマは、住宅だけでなく、商業施設の店舗デザインやディスプレイデザインにも及びます。また、2級インテリア設計士やインテリアプランナーなどの実務的な資格取得をサポートします。

03工芸デザインコース
生活雑貨/アクセサリー(金工)/家具(木工)/テキスタイル(友禅)/セラミック(陶芸)/和紙

伝統的な工芸に関する専門的技法を中心に学びつつ、柔軟な感性や発想力を生かし、いまの時代に相応しい生活の豊かさを提案するデザインに挑戦します。とくにKYOBIでは、工芸領域やグループ校の京都伝統工芸大学校との連携で、一歩上の学びが可能。各分野の専門家の教員からさまざまな素材の奥深いスキルを学べます。

Department of Arts & Crafts

在学中に取得可能な資格

  • 二級建築士
  • インテリアプランナー
  • 2級インテリア設計士
  • 色彩検定
  • Illustratorクリエイター能力認定
  • TOEIC®
  • インテリアパース など

※グループ校(京都建築大学校 KASD)とのWスクールシステムによる
キャリアサポート講座=建築士受験資格取得講座(2年間)の受講が必要

進路イメージ

  • アートディレクター
  • グラフィックデザイナー
  • イラストレーター
  • プロダクトデザイナー
  • インテリアデザイナー など
  • ディスプレイデザイナー

Department of Arts & Crafts

㈱エー・ティ・エー (広告代理店)
就職
相原 柚花

コトバの重さを大切にして、
じんわり心に伝わる広告を。

KYOBIは先生との距離が近く、プロのセンスを直に感じながら学べます。「そんな考え方もあるんだ!」という自分が思いもつかない視点に影響を受け、面白い作品のヒントが見つかることも。
私は3年次に「後悔」をテーマにした作品を作り、そのときは不完全燃焼感が残りましたが、さらに1年間先生方から影響を受けて学び、4年次に同じテーマを前向きに昇華させ、自分でも納得できる作品を完成させることができました。今後は身につけた力を生かし、百貨店の広告を制作する会社で働きます。

㈱美也古商会(空間ディスプレイ
企画)就職
田口 瑶子

物事の本質を掘り下げて考え、
創造することを学びました。

KYOBIで学んだのは、コンセプトの大切さです。私は周りのみんなより絵が描けないので、自分独自のデザインを創り出していくために、自然にコンセプトで勝負するようになりました。卒業制作では、自分が美しいと思うものは何かを突き詰めて考え、その結果「人間の内から出るエネルギーの素晴らしさ」を表現するために鏡を粉々に砕いた作品を制作。KYOBIではそんな創作の試みをいろいろさせてもらいました。卒業後は人を一瞬で感動させるディスプレイの仕事に向き合っていきます。

㈱アーキッシュギャラリー(総合
建設業)就職
重信 嘉孝

KYOBIでデザインを学んで
本質からモノを考えられるように。

高校を卒業してから3年間、グループ校である京都建築大学校で建築士をめざして勉強していました。でも、もっといろいろな刺激を受け、自分の世界を広げたいという思いが募り、KYOBIに編入し、デザインを学ぶことに。最終的に内定が決まったのは、設計から施工までを手がける総合建設会社です。デザインを学んだ期間は回り道のようですが、実は専門外をがむしゃらに学んだこの2年はとても充実していて、自分の中でモノをつくるという行為を見つめ直し、根本の部分から考える力を高められました。

デザイン領域

  • ビジュアルデザインコース
  • インテリア・空間デザインコース
  • 工芸デザインコース

工芸領域

  • 工芸コース

陶芸/木工・彫刻/漆芸/テキスタイル友禅

文化財領域

  • 文化財情報コース
Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL0120-33-3372