arts & crafts

デザイン領域

社会のニーズや課題を敏感に捉え、
解決のために必要なデザインを
生み出していく力を磨く。

  • ビジュアルデザインコース
  • インテリア・空間デザインコース
  • CULTUREデザインコース

デザインとアートの違いを端的に言い表すなら、「アートは自己表現」であり、「デザインは問題解決」といえるでしょう。 デザイナーは顧客からオーダーを受け、そこにある課題を自分の視点で見つめ、最も良い解決策を考えて具現化します。 そのため、KYOBIのデザイン領域では、単にグラフィックソフトの使い方の習得や造形のスキルを高めることだけを学びの目的としていません。 社会のニーズや課題に対し、独自の考えを展開できるよう「発想力」「表現力」「コミュニケーション力」、そして「フィニッシュワーク力」をそれぞれ高めることをめざします。

学びのPoint 1 入学時に専門分野を決めなくても大丈夫。2年次後期にコース選択。
学びのPoint 2 4年間で数多くの課題に取り組むことで、実践的な力を身につける。
学びのPoint 3 二級建築士資格+デザインスキルを各分野で生かす!

Department of Arts & Crafts

01ビジュアルデザインコース
グラフィックデザイン/広告・編集デザイン/イラストレーション/キャラクターデザイン/パッケージデザイン/ゲームデザイン

見る人の意識に強く訴え、伝える斬新なコミュニケーションを。

人や社会に「何かを伝えること」を目的にするグラフィックデザインを中心に扱います。新聞・雑誌・ポスターなどの広告をはじめ、パッケージ、書籍、サイン、そしてWebなど、私たちに情報を訴えるさまざまなデザインを制作するスキルを身につけます。また、イラストやキャラクターデザイン、3D・CGの技法も習得します。


02インテリア・空間デザインコース
スペースデザイン/インテリアデザイン/店舗デザイン/ディスプレイデザイン/家具デザイン

空間づくりは、人を考えること。深い考察で既成のデザインを超える。

人が心地良く過ごすには何が必要なのかを見つめ、具体的に空間を演出するインテリアや空間デザインのスキルを身につけます。扱うテーマは、住宅だけでなく、商業施設の店舗デザインやディスプレイデザインにも及びます。併せて、二級建築士をはじめ、インテリアプランナーやインテリア設計士などの実務的な資格取得をサポートします。


03CULTUREデザインコース
プロダクトデザイン/工芸デザイン/イベントデザイン/アート表現/セールスプロモーション

生活からアートまで、受け継がれてきた文化をデザインの力で現代のくらしへ。

日常生活と芸術の間に垣根が存在しない日本文化の豊かな精神性に着目。雑貨からアートまで、メインカルチャーからサブカルチャーまで、デザイン的アプローチにより現代の感性にマッチした商品開発、イベント企画、プロモーションなどを行い、次世代へ繋ぐ豊かで力強い日本文化を創造します。

Department of Arts & Crafts

美術工芸学科ビジュアルデザインコース3年生
京都芸術高校(京都府)出身
船橋 佳奈美 さん

自分にしかできないデザインの
探求を続けていきたい。

KYOBIを選んだ理由は自分が専攻する学科だけでなく、他の学科や領域からもさまざまな刺激を受けて学べると感じたからです。専門実習では、グルテンフリーの米粉専門店を想定し、ロゴや企業パンフレット、名刺や封筒、ポスターや商品パッケージなどの幅広いデザインを制作しました。自分にしかできない表現・デザインを追求し、さまざまな課題に取り組む中で「自分らしさとは何か」を考えるようになりました。社会に出てからも、自分の表現をさらに深め、独自性と社会性を兼ね備えたデザインを生み出せるようになりたいと思います。

美術工芸学科インテリア・空間デザインコース2年生
星陵高校(静岡県)出身
飯野 綾香 さん

将来の夢は、顧客から信頼される
インテリアデザイナーです。

立地のよさ、三十三間堂や清水寺などの文化財に気軽に触れられること、デザインと建築の両方を学べることに魅力を感じて進学を希望しました。これら全てが、KYOBIのおすすめポイントだと思います。ディスプレイデザインの課題では、アイデアを模型として表現することが難しく、形になったときは嬉しくやりがいを感じました。リノベーションの課題では、駅に近いという立地や利用者特性を考え店舗設計を行いました。将来はインテリア関係の仕事に就き、お客様に信頼してもらえるような設計者になりたいと思います。

株式会社 Sabeevo(デザイナー)勤務
2016年度 伝統工芸学科(現:美術工芸学科)卒業
鹿児島工業高校(鹿児島県)出身
福屋 智基 さん(卒業生)

KYOBIは自分でも気づかない、
「自分の強み」を見つけられる場所です。

現在はWebデザインの案件が多いですが、自分のアイデアを取り入れたデザインの成果物がクライアントに喜ばれたときにやりがいを感じます。デザインはいつの時代も媒体に関係なく世の中に必要なもの。これからは、映像、印刷物、空間などさまざまなメディアの仕事にトライし、社会のためになるものを作り続けていきたいと思います。KYOBIは魅力的な人たちと関わって多彩な考え方を知り、自分でもなかなか気づけない自分自身の強みを発見できる場であったと思います。同級生や先生方との語らい、他校の学生やそこで出会った全ての人とのつながりが将来の財産になると思いますので、いろんな人との出会いや会話を通して感じたものを、これからの作品や人生に活かしてください。

デザイン領域

  • ビジュアルデザインコース
  • インテリア・空間デザインコース
  • CULTUREデザインコース

工芸領域

  • 工芸コース(陶芸/木工・彫刻/漆芸)
Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515