Arts & Crafts

工芸領域

日本ならではの美意識や優れた手業を学び、
新しい価値を備えた“KOGEI”を創造する。

  • 工芸コース

陶芸/木工・彫刻/漆芸


工芸コースでは伝統工芸の粋が集積する「京都」という地の利を生かし、日本ならではの美意識や新しい価値を備えた「新たな工芸=KOGEI」を視野に入れた教育を行います。 受け継がれてきた美意識や技術を身につける実習・演習を豊富に設ける一方で、伝統技術に新しい感性を融合させた先駆的な教育を手厚く行っていきます。

学びのPoint 1 伝統の手業を学びつつ。独自のデザイン力やプロデュース力を身につける。
学びのPoint 2 異素材との融合などを試行錯誤することで、美の可能性を開拓する。
学びのPoint 3 独自の企画によって、工芸の市場価値を高める方法を習得。

Department of Arts & Crafts

01工芸コース - 陶芸

伝統的な成形・加飾・釉薬・焼成の
各技術を学び、さらに高度な先進的陶芸技術も追究します。

過去から現代の最先端までの技術を体系的に学びます。 安土桃山時代に確立された灰釉陶磁器や江戸後期に登場した祥瑞・色絵陶器、明治期以降の近代製法などを実作を通して体験。 成形、絵付、釉薬などに関する知識を深めます。ひと通りの技術を理解したら、次は柔軟な発想で陶磁器の新たな可能性を探ります。


加飾(絵付け)

釉薬

焼成


02工芸コース - 木工・彫刻

人が木を扱う中で磨いてきた木工・彫刻の各種技法を学び、自由自在に造形する力を身につけます。

最初はカンナ・ノミ・彫刻刀などの道具の扱い方から学び、木を組んで形をつくる指物と彫刻の基本を理解。 次に木の塊から形を削り出す刳物、ろくろで造形する挽物を学んだ後、木工技術を駆使した家具制作に挑戦します。 人間にとって身近な木から新しい木工の世界を創造する力を育みます。


刳物

挽物

彫刻


03工芸コース - 漆芸

漆芸の基礎を段階的に学び、乾漆・蒔絵・螺鈿などの高度な技法にも取り組みます。

漆工芸は、漆を器物の表面に塗り重ね、さまざまな加飾を施す東洋独特の伝統的技法です。 漆芸の概要を理解しながら、髹漆や加飾技法の基本をマスター。 作業に不可欠な道具作りの方法も習得します。 最終的には、作品のテーマ設定から仕上げまですべての作業を行い、独自の漆芸作品を作り出す力を身につけます。


乾漆

蒔絵

螺鈿

Department of Arts & Crafts

美術工芸学科工芸コース(木工・彫刻)3年生
堺市立堺高校(大阪府)出身
八島 克仁 さん

木目を活かす難しさ、面白さを
意識して制作を続けます。

高校で木工芸に触れ、より深く木工について学ぶことで、技術を身につけ、高校ではできなかった作品を制作したいと思い進学しました。2年生の時に「一枚のベニヤ板から椅子をデザインする」という課題で賞をいただき、はじめて自分のデザインを評価してもらうという体験をしました。現在は、一枚の製材から引出付きの棚を制作しています。天板や脚の反り方、各部分の面取りなどに力を入れましたが、その木材だけが持つ木目を活かす難しさを身をもって知りました。今後の目標は、今まで学んだことや課題を卒業制作に活かして、自分の中で一番の作品を作ることです。

株式会社空女 cu-nyo(陶器製造)勤務
2017年度 伝統工芸学科(現:美術工芸学科)卒業
瀬戸内高校(広島県)出身
吉岡 遥 さん(卒業生)

好きなことを仕事にできるのは幸せなこと。
KYOBIで多くの可能性に挑戦してください。

大学の授業で現在の師匠である小野先生の「京薩摩」の作品を見る機会があり、その美しさに目を奪われ心から感動!いままでに見たことのない細密なデザインと、豊かな色彩に衝撃を受け、師匠のような人を魅了する作品を作りたいと強く思うよになりました。現在の仕事内容は、主に小紋様の部分の絵付けです。骨描きから、彩色、金彩という順番で進んでいきます。一年間同じ模様をひたすら描き続けるなど、修練を繰り返すことで任せていただける部分も増え、自分自身の成長を感じることができています。好きなことを仕事にできることはとても幸せなこと。学生時代には、失敗を恐れず様々なことにチャレンジしてほしいと思います。

デザイン領域

  • ビジュアルデザインコース
  • インテリア・空間デザインコース
  • CULTUREデザインコース

工芸領域

  • 工芸コース(陶芸/木工・彫刻/漆芸)
Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515