Arts & Crafts

工芸領域

日本ならではの美意識や優れた手業を学び、
新しい価値を備えた“KOGEI”を創造する。

  • 工芸コース

陶芸/木工・彫刻/漆芸


  • 文化財コース

文化財の研究・復元・修理・保存等


工芸コースでは伝統工芸の粋が集積する「京都」という地の利を生かし、日本ならではの美意識や新しい価値を備えた「新たな工芸=KOGEI」を視野に入れた教育を行います。 受け継がれてきた美意識や技術を身につける実習・演習を豊富に設ける一方で、伝統技術に新しい感性を融合させた先駆的な教育を手厚く行っていきます。

文化財コースでは、文化財の修理や保存について学ぶだけではなく、文化財の情報を正確に読み取り、価値ある情報として伝達し、積極的に活用できる人材の育成を目指します。 長い歴史を持つ京都で、「ほんもの」の文化財に触れ、日本の歴史と文化を深く学部ことで、将来さまざまな分野で活躍するための基礎を形成。多くの人々に文化財の魅力を伝え、次の世代に伝え継ぐ知識と技術を身につけます。

Department of Arts & Crafts

01工芸コース - 陶芸

過去から現代の最先端までの技術を体系的に学びます。安土桃山時代に確立された灰釉陶磁器や江戸後期に登場した祥瑞・色絵陶器、明治期以降の近代製法などを実作を通じて体験。 成形、絵付、釉薬などに関する知識を深めます。ひと通りの技術を理解したら、次は柔軟な発想で陶磁器の新たな可能性を探ります。

02工芸コース - 漆芸

漆工芸は、漆を器物の表面に塗り重ね、さまざまな加飾を施す東洋独特の伝統的技法です。 本コースでは、漆芸の概要を理解しながら、技法の基本をマスター。作業に不可欠な道具作りの方法も習得します。 最終的には、作品のテーマ設定から仕上げまですべての作業を行い、独自の漆芸作品を作り出す力を身につけます。

03工芸コース - 木工・彫刻

最初はカンナ・ノミ・彫刻刀などの道具の扱い方から学び、木を組んで形をつくる指物(さしもの)と彫刻の基本を理解。 次に木の塊から形を削り出す刳物(くりもの)、ろくろで造形する挽物(ひきもの)を学んだ後、木工技術を駆使した家具製作に挑戦します。 人間にとって身近な木から新しい木工の世界を創造する力を育みます。

04文化財コース

文化財は長い歴史の中で培われてきた技術や、それを形作る材料などのオリジナルな情報と共に、大事に伝えてきた人々の情報も秘めています。 本コースではまず、文化財に関わるために必要となる技術や理念を習得します。 3年次からは文化財を総合的に理解し、観光資源としてのあり方や歴史、技法を学び、4年次からは自らのテーマに沿って制作に取り組みます。

Department of Arts & Crafts

在学中に取得可能な資格

  • 二級建築士
  • 博物館学芸員
  • インテリアプランナー
  • 2級インテリア設計士
  • Illustratorクリエイター能力認定
  • 色彩検定
  • TOEIC® など

※グループ校(京都建築大学校 KASD)とのWスクールシステムによる
キャリアサポート講座=建築士受験資格取得講座(2年間)の受講が必要

進路イメージ

  • 工芸プロデューサー
  • 家具デザイナー
  • 雑貨デザイナー
  • クラフトデザイナー
  • インテリアプランナー
  • 工芸作家
  • 伝統工芸士 など

Department of Arts & Crafts

㈱空女(絵付工房)就職 吉岡 遥

絵付をとことん極めて
自分だけのデザインを。

絵付を指導してくださった先生はすごい方で、「本当に人が描いたのかな?」と思うような緻密な模様を描き、人を魅了する作品を作られます。 私はその先生からもっと学びたいと考え、春からは先生の工房で働かせていただくことになりました。 私もKYOBIで腕を磨き、「わん・碗・ONE展」というコンテストで2年連続最優秀賞をいただきましたが、先生の作品にはまるで及びません。 今後は素晴らしい師の下で一生懸命学び、陶芸の世界で自分のオリジナリティを発揮できるようになりたいです。

飛騨産業㈱(家具メーカー)就職 北尾 拓也

相手のことを真剣に考え、
家具で感動を生み出したい。

「デザインとは問題解決だ」。先生の言葉は、形の美しさにばかりこだわり、スランプに陥っていた私にとって衝撃的でした。
そこからは、どのような場面でどのような人が使うかを想像し、デザインにとりかかるように。例えば椅子の制作時は長時間座る人の負担軽減のため、肘掛けの幅や高さにこだわりました。 完成後は家族にとても喜ばれ、今でもその椅子は活躍中です。就職後は技術をさらに極め、本当に人のためになるモノづくりをしたい。家具で誰かを感動させる職人になりたいです。

赤木明登うるし工房 ㈲ぬりもの
(漆器製造)就職
宮原 椎奈

輪島塗の世界の中に
新しい可能性を見つけたい。

漆に打ち込んだ4年間。アッという間だった、という印象です。リズミカルに美しく動く漆職人の手に憧れ、夢中で学び、技術を磨いてきましたが、 経験を積めば積むほど自分の足りない部分も見えてきて、改めて奥が深い世界だと思い知りました。KYOBIでは、漆の技術を教わるだけでなく、 デザインを専攻する他コースの先輩のプレゼンに立ち会ったり、自分の作品をアピールする方法について学べたのも良かったです。今後は輪島塗の工房に入り、また一から学ぶつもりで頑張りたいと思います。

デザイン領域

  • ビジュアルデザインコース
  • インテリア・空間デザインコース
  • 工芸デザインコース

工芸領域

  • 工芸コース(陶芸/木工・彫刻/漆芸)
  • 文化財コース
Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515