Architecture

「建築デザイン」と「伝統建築」の2つの領域を融合させ、
これまでにない建築空間の可能性を追究できる。

KYOBIの建築学科では、建築デザインに関する幅広いフィールドを学ぶことができます。多様な専門分野の教員の指導により、インテリアから都市計画まで幅広く学びます。個人住宅や商業施設、公共施設、さらに大きな観点からまちづくりや都市計画、ランドスケープについても学びます。
また、京都という本学の立地を生かして、社寺や町家などの伝統建築領域についても充実した学びを提供します。さらにこれらの融合領域を学ぶことも可能で、例えば歴史のある建物や街を現代の生活空間に再生するなど、新時代の建築の可能性を追究することもできます。

建築デザイン領域

新しい建築デザインを形にするために、
未来を思い描く「構想力」を磨く。

  • 建築設計
  • 都市計画
  • インテリア
  • ランドスケープ
  • 環境デザイン
KYOBIの建築学科では、工学分野と美術分野両方の学びのバランスを重視しています。建築に関する多様な知識と美術的な構成力を備えることで、人の感性により深く訴えかける魅力的な建築デザインを学びます。

伝統建築領域

歴史ある社寺や町家などを実際に調査し、
伝統建築に関わる技術を身につける。

  • 社寺建築
  • 町家・民家
  • 数寄屋
  • 茶室
  • 文化財建造物
京都という歴史的にも最高の環境の中で、伝統建築に関わる知識や技術を一から学ぶことができます。価値ある建築物の保存や修復、町家・民家の再生やリノベーションなどを学びます。

Department of Architecture

各領域を横断したカリキュラムで
建築空間の新たな可能性を追究する。

1年次~3年次前期までは、図面表現などの基礎的な技術の習得から始め、建築空間の課題解決能力を高める演習などを通して段階的に建築設計を学びます。3年次後期より建築デザイン・伝統建築・融合領域のいずれかを選択し、より専門的に学びます。

美術的な構成力や表現力とともに、
コンピュータスキルも身につける。

「構成基礎演習」や「デザイン作図演習」などの科目を配置し、美術的な構成力や表現力を身につけます。また、急速なデジタル化により、多くの建設業界の企業で導入されているCGやBIMなどのコンピュータ技術を学ぶ演習授業も用意しており、将来の職場で即戦力となるスキルを身につけることができます。

二級建築士や木造建築士、
インテリアプランナー資格が在学中に取得可能。

建設業界では資格が重要な意味をもちます。KYOBIは、「二級建築士・木造建築士」資格の在学中取得ができる唯一の大学。建築士資格を取得しておけば、就職に有利なだけでなく、一級建築士の最短取得など卒業後のキャリア形成を有利に進めることができます。

Lab INOUE 井上研究室
[建築デザイン領域]
人と人、個人と社会の関係性をデザインする
本研究室では「関係性のデザイン」を大きなテーマと位置づけ、人と人、個人と社会を関係づける計画と空間デザインを研究します。個々に研究テーマを持ちながら、それを研究室生全員で議論し、ブラッシュアップしていくのも本研究室の特色です。卒業設計では図面と模型を作成。BIMも活用するため、専門的なコンピュータスキルも習得できます。

Lab YASUDA 安田研究室
[建築デザイン領域]
新しいコミュニティの在り方に基づく建築を提案
本研究室ではフィールドワークを通して、環境におけるさまざまな問題点を発見し、建築によって解決する方法について研究室生全員でディスカッションします。現代建築の設計事例の丹念なリサーチを通して、海外の事例や歴史的事例も踏まえ、最適解は何かを一緒に模索します。建築の機能、構造、室内環境を一体として捉え、現代の技術で再現できる空間提案を行い、次世代の建築の創造を行います。

Lab OUE 大上研究室
[伝統建築領域]
社寺建築はどのように設計されたのか?
本研究室の研究テーマは社寺建築の設計技法の解明であり、固定化された仮説・定説にとらわれることなく、数多くの証拠を集め、解析することで古建築の実相を浮き彫りにします。卒業後は社寺建築、文化財修復の分野での活躍が期待されますが、建築の根本原理に触れる伝統建築の研究は、現代の建築デザインでもおおいに活かされる知見となります。

Lab MORISHIGE 森重研究室
[融合領域]
京都の町家・路地を現代の住環境としてとらえ直す
本研究室では古民家の現代的価値を考察することに始まり、ストックの継承と活用のためのマネジメントについて研究します。森重准教授が監修した長屋と路地の再生事例の町家は、町家の骨格をしっかりと残しながら現代の技術によってリノベーションを実施。断熱性や耐震性を高めた物件として再生を図りました。今後は入居者への取材を行い、保全継承の在り方を検討していきます。


演習課題に真摯に向き合い、
施工管理技士の夢を叶えたい。
中平 空さん
建築学科3年生
宮崎西高校(宮崎県)出身

[取得資格] 木造建築士/アソシエイト・インテリアプランナー/色彩検定2級

小学生の頃から建築士に憧れていて、在学中に二級建築士資格を取得でき、建築士になる夢へとつながるKYOBIに進学しました。入学後は、建築デザインの課題に対し、自分で考え設計しプレゼンボードなどにまとめて発表するという一連の作業で、表現スキルやCADスキルなど多くを学ぶことができました。また全体の発表会では、自分自身が思いつかなかったアイデアや表現方法など、数え切れないほどの発見がありました。将来は、現場で建物が創造されていく瞬間に直接携わりたいとの思いから、施工管理技士・現場監督の道へ進みたいと考えています。



さまざまな建築領域で、
専門的な学びを進めていきます。
浅井 祐美さん
建築学科3年生
松蔭高校(愛知県)出身

[取得資格] 二級建築士/木造建築士/アソシエイト・インテリアプランナー/色彩検定2級・3級

KYOBIに入学を決めた理由は、高校時代に興味を持ち始めた伝統建築を学べ、在学中に二級建築士資格も取得できるという点です。現在、伝統建築の課題で新いまひえじんぐう日吉神宮の楼門がどのような構造になっているのか、過去にどのような修復をしたのかを実際に計測しながら図面を描いています。計測図面を元にCADで最終図面を描いていますが、先生の指導でどんどん理解も進み、ますます伝統建築が好きになりました。1、2年次では建築デザイン、現在は伝統建築を学んでいますが、幅広く得た建築の知識を用いて、もっと専門的に建築を勉強していきたいと考えています。



KYOBIの学び、友人との語らいは、
自分にとって人生の大きな財産になります。
小林 和正さん(卒業生)

東日本旅客鉄道株式会社(設計・工事監理)勤務
2017年度 伝統工芸学科(現:建築学科)卒業
桐蔭学園高校(神奈川県)出身

[取得資格] 木造建築士/アソシエイト・インテリアプランナー/色彩検定2級

地域のシンボルとも言える駅舎や駅ビルの新築だけではなく、維持管理やリニューアルにも取り組めるという点に魅力を感じ、入社を希望しました。現在は、駅舎の改良、保有している寮や事務所などさまざまな工事を施工会社と共に行っています。将来は、大規模な駅舎の設計や大学で学んだことを活かせるような木を主体とした和の駅舎の開発、そして一級建築士の取得をめざしています。大学でのプロジェクト演習や学生自治会活動、また陶芸や漆芸といった他コースとの関わり、友人との何気ない会話などは知見を広げる大きなきっかけになっており、自分にとっての人生の財産です。KYOBIには、他の大学では経験できないことが多くあります。座学だけではなく、実習を通して実際に手を動かし、体験し、学ぶことができます。ぜひ、さまざまなことがらにチャレンジしてください。


Department of Architecture

在学中に取得可能な資格

  • 二級建築士
  • 木造建築士
  • インテリアプランナー
  • 色彩検定
  • 福祉住環境コーディネーター
  • CAD利用技術者試験 など

※グループ校(京都建築大学校 KASD)とのWスクールシステムによる
キャリアサポート講座=建築士受験資格取得講座(2年間)の受講が必要

卒業後に取得をめざす資格

  • 一級建築士※1
  • 1級建築施工管理技士※2
  • 2級建築施工管理技士※3

※1.免許登録には2年の実務経験が必要
※2.卒業後3年の実務経験で受験可能
※3.卒業後1年の実務経験で受験可能

めざせる職業

  • 建築士
  • 建築施工管理技士
  • 空間デザイナー
  • インテリアプランナー
  • 都市計画プランナー
  • ショップデザイナー
  • インテリアコーディネーター
  • 木造建築士
  • 保存修理コーディネーター
  • 復元設計技術者
  • 都市計画にかかわる行政職 など

主な就職先

  • 建設会社
  • ハウスメーカー・工務店
  • 設計事務所
  • デザイン事務所
  • 設備・リフォーム会社
  • 店舗・インテリア会社
  • 官公庁
  • 建築コンサルタント
  • 不動産関連会社
  • 大学院進学 など
Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515