KYOBIキーワード10

京都東山キャンパスは京都駅から徒歩で約15分。京阪七条駅からは6番出口すぐで京阪神からの通学にはアクセス抜群。祇園や四条河原町もすぐ近くで、授業の合間や放課後には京都の街並みを散策することもできます。また、おしゃれなカフェやショップも点在しており充実した学生生活が過ごせます。

京都東山キャンパスの周辺には、京都国立博物館や三十三間堂、清水寺など文化的価値の高い建築物、美術工芸品が歩いて行ける距離に点在しています。KYOBIの学びと、ものづくりの根底には、京都の伝統文化がしっかりと息づいています。

建築と美術工芸。KYOBIの学びの最大の特色は、広範囲にわたるクリエイティブな領域を融合させて学ぶことができる点です。複数の領域にまたがって学ぶことで、これらが一体となった新しい発想をもつことができ、ものづくりのための視野が大きく広がります。

建築学科においても、美術工芸学科においても、クリエイティブの基本となるのは優れたデッサン力です。豊かな感性や発想力、アイデアを具現化するアートとアーキテクトのスキル。次代のクリエイターとして活躍できる、そんな力を磨ける学びがKYOBIにはあります。

就職内定率は97.6%。卒業後はさまざまな形でものづくりに携わります。人々の生活をよりよくする仕事、歴史的価値のあるものを未来へ受け継ぐ仕事、伝統をいまの暮らしに合った形に変化させ、長く使われるものを生み出す仕事など、無限の可能性が広がっています。

驚異の合格者数を誇るグループ校「京都建築大学校(KASD)」とのWスクールシステムにより、他大学では在学中に取得できない「二級建築士・木造建築士」資格が在学中に取得できます。取得すれば即戦力として活躍できるため、就職の際にも非常に有利です。

異なる領域で学ぶ学生が共同で行うことで視野が広がります。プロの仕事と同じ過程を体験することでチームプレイを体得。カフェの食器開発やアートで駅構内を彩る企画など多岐にわたるプロジェクトを通して、デザインによる課題解決の手法を学びます。

フランスのプロダクト・インテリアデザインの学校である「エコール・カモンド」と連携し、短期の交換留学を実施しています。ワークショップなどを通して学生同士の交流を図り、日本にはない発想や技術の高さを知ることができる貴重な体験ができます。

大学内のギャラリーを利用し、作品を観に来ていただいた方に実際にプレゼンテーションを行うことで実践力が身につきます。作品の企画から制作、展示や販売までを自分自身でプロデュースし、社会とつながる「ものづくり」を在学中から学ぶことができます。

教育環境のさらなる拡充を図るため、本キャンパスに講義室やオープン・ラボを備えた新校舎が完成しました。日本で最初の小学校の一つである「貞教小学校」をリノベーションした北館をはじめ、本キャンパス開設時に新設された西館・南館との融合を図りながら、豊かな学修空間の創生をめざします。

Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515