employment 就職・資格

Message#01

この家に暮らす人を想像して
何度も何度も図面を引く。

積水ハウス(株)設計職 2015年度 伝統工芸学科 伝統建築コース
(現 建築学科) 卒業
木村 思穂

設計士として入社し、現在は主に賃貸アパート「シャーメゾン」の設計・施工管理を担当しています。設計士の仕事は、図面を引くだけでなく、お客さまへのご提案や登記関係の手続き代行など多岐に渡ります。また製図一つをとっても、お客さまの希望や建設地などの条件が毎回異なるため、つねに新しい答えが求められます。非常に複雑で正解のない仕事。大きなプレッシャーを感じつつ、いまはとにかく目の前の仕事に真摯に取り組み、経験を積んでいる最中です。

私の担当している賃貸アパートはビジネス物件のため、どんな物件が入居者に好まれるのかと悩まれるオーナーさまが多いんですよ。私は担当設計士としてトータルプランをお任せいただくのですが、間取りや設備に留まらず、色が空間に与える影響や暮らし心地にまで配慮した提案を行い、喜んでいただけたとき、美術大学で建築を学んだ経歴が自分の強みになっていることを実感します。また、お客さまには女性が多く、とくに戸建住宅は女性が意思決定権を握っている場合がほとんど。女性設計士は女性同士で通じ合う部分があるため人気です。私も自分自身が空間の中で感じる心地よさや女性ならではの視点を生かした提案を積極的に行っていきたいと思っています。

また最近は設計士としての目が鍛えられてきて、友人の家に遊びに行っても、間取りや設備などに込められた“設計士の狙い”がわかるようになってきました。「ここに、この家を設計した人のこだわりがある」と感じると、思わずうれしくなりますね。私も、たとえ自分の設計だと気づかれなくてもいいから、細部まで配慮が行き届いた空間を誇りをもって手がけていきたいです。この春からは建築課に異動し、現場監督として新規物件に携わっています。設計士として担当した物件ができ上がっていく様子を間近で見ながら、現場で得られる知識を吸収しているところです。

将来は、現場の動きも知る設計士として、お客さまの快適な暮らしにもっと寄り添っていきたい。今後も数多くの建物にかかわると思いますが、私だからこそできる提案を、一つひとつの物件にきちんと込めていきたいと考えています。

Message#02

在学中も卒業後も、ものづくりに
一番大切なものは「誠実さ」です。

株式会社エー・ティ・エー2017年度 伝統工芸学科
(現 美術工芸学科 ビジュアルデザインコース)卒業
 
相原 柚花

入学時の私は、広告制作ではなく宮大工をめざしていました。同時に、映画や商業施設のポスターなどの広告に興味があり、シンガーソングライターや小説家が紡ぐ歌詞や繊細な言葉に感銘を受けることも多くありました。「広告が好き」「言葉が好き」という思いから、2年次の後半にビジュアルデザインへとコース変更。大学に入ってから自分の進む道を再発見できたのは、一貫して何かを生み出し続けてきた結果なのかな?と思います。

現在はコピーライターとして、商業施設のネーミングや折込チラシ、パンフレットなどのコピーを、先輩ライターの指導を受けながら提案しています。時には、スイーツメーカーや化粧品企業とのタイアップ企画を担当することも。その時は、やはり表現の自由度が高いので楽しいですね。通常の作業では、例えば折込チラシの話になりますが、「はじまる」という意味でコピーを書く際にもさまざまな表現があることを知っ ていくのがおもしろく感じました。単純に見える文字表現ですが、自分の知識次第で無限に表現が広がります。

KYOBIの学生時代は、どの先生も熱心でサイコー!でした。繊細なデザインが得意な先生や立体が得意な先生など、さまざまな専門性をお持ちの先生方から自分に足りないスキルを丁寧に指導していただきました。また、先生との距離が近いので「ダサいものはダサい!」といったダイレクトな意見をもらえたのも、ありがたかったですね。

いま思えば、在学時にどれだけ多くのデザイン作品を生み出すかが将来に大きく関わってくると思います。ただ賞をいただいて、鼻が高くなってしまえば「謙虚さがない」「仕事を一緒にしたくない」と働いたときに思われます。なので謙虚でいることが大切なんだと思っています。でも、コンペで入賞することは就職活動においてわかりやすいアピールポイントになることも事実ですので、入学を希望する皆さんには「自分のやりたいことに、誠実に正直に素直に生きることが大切!」と伝えたいです。

Message#03

誰からも信頼される、知恵と
知識を持った建築士をめざします。

大和ハウス工業株式会社2018年度 伝統工芸学科
(現 建築学科) 卒業
 
吉村 友宏

戸建住宅を設計することができ、戸建住宅以外の分野での知識をもった方々と関わることもできる当社へ入社しました。現在の業務は、建築物件の図面作成・見積りです。プラン提案の資料や建物の設計図面の作成、設備機器の選定、建物周りのレイアウトの検討などを一連の工程で進めています。

特に気をつけているのが図面作成後の設計図書のチェックです。図面の内容は全て現場に反映されますので、特記事項に不足はなかったかなどの確認は欠かせません。また、建築士による建物に関する重要項目をあらかじめ施主様にご説明する「重要事項説明」も大切な業務です。社会に出ると、常に臨機応変な対応が求められます。

日々の業務でスキルを獲得していくのはもちろんのこと、計画性の大切さを改めて感じさせられました。理想の建築士像をめざし、今年は一級建築士の資格取得を目標にさらに精進を続けていきたいと考えています。

Message#04

KYOBIで学んだ「描くチカラ」は、
建築の実務に欠かせないものです。

松井建設株式会社2016年度 伝統工芸学科
(現 建築学科)卒業
 
岩佐 千尋

入社後2年間は現場監督として、京都にある知恩院の一部施設などで業務にあたりました。実測結果を手描きで忠実に起こしたり、素早く図面に加筆し職人さんに指示を出したり、KYOBIで学んだ「描くチカラ」は実務にとても役立ちました。このことが、美術大学で建築を学ぶことのいちばんの強みだと実感しています。

現在は設計業務に携わっており、煉瓦造の博物館や木造寺院の劣化調査や修理計画作成、RC造学校新築の意匠設計等の業務を担当しています。どれも面白さがあり、いろんなことにチャレンジできるのは松井建設の良いところだと思います。また、建設業界で仕事をするために建築士資格は必要になりますので、まとまった時間を費やせる在学中の二級建築士資格取得をぜひめざしてください。

Message#05

KYOBIで学んだCGスキルや、
ものづくりの基本が今につながっています。

株式会社トーセ
(ゲームソフト開発) 2018年度 美術工芸学科 卒業
岡田 真生子

3年次に受講した「トーセゼミ」でキャラクターのモデリングなど、多様なコンピュータスキルが必要となるゲーム制作の基本を学び、現在の職場ではアプリゲーム内の2Dのバナーデザインに取り組んでいます。ゲーム全体のイメージを左右する表示物なのでやりがいを感じますが、それだけに配色やデザインに悩むこともあります。

この業界をめざすためには数多くのゲームに触れ、デザインの引き出しを増やしておくと共に、単に「この配色きれいだな」で終わるのではなく「なぜきれいなんだろう」とその配色の理由を追究することが大切だと思います。

KYOBIでは、最先端CGスキルに加え「後片付けをしっかりとし、常に道具をきれいにしておく」というものづくりの基本を学びました。社会に出た今、それがKYOBIで学んだいちばんの強みだと感じています。

Message#06

お客様に愛される木工製品を、
丁寧に作り続けていきたい。

有限会社家具のあづま 2018年度 美術工芸学科 卒業
濱口 凛

桐箪笥をはじめ、世界三大見本市といわれるミラノサローネ、パリのメゾン・エ・オブジェにも出展された桐のロックグラス、カッティングボードなど、伝統工芸の技術を使った新しい生活雑貨も作っているところに魅力を感じ入社しました。

鉋がけなどの手加工も行っていて、大学の実習で培った技術や発想を生かせる理想的な環境です。現在は、製材から塗装、仕上げまで、先輩の補助を行いながら制作全般に携わっています。お客様に愛着をもって使っていただけるよう丁寧な作業を心がけていますので、納品時にお客様に喜んでいただけると、とてもうれしく最もやりがいを感じます。

大学で専門的な技術をじっくり学べることは何よりの強みです。自分の反省を込めたアドバイスですが、在学中は課題だけではなく自主制作にも積極的に取り組んでください。

Message#07

日本舞踊や漆芸、茶道などの
伝統文化を国内外に発信したい。

漆芸家・日本舞踊家2019年度 美術工芸学科 卒業
下村 美友

高校・大学で漆芸を学び、現在は漆芸家、日本舞踊家として活動しています。最近では、新型コロナウイルス感染症終息の願いを込めて茶道具を制作しました。

棗は、魔除けや厄除けの意味がある「鱗文様」をアワビの薄貝を用いて加飾、茶杓は瓢箪を六つ描き無病息災の意味を込めました。抹茶茶碗は内側を微塵貝で加飾、光の加減で貝の色が変化し輝き、飲み終わった後も楽しめるように制作しました。

日本舞踊では、先日京都市主催の『ようこそ和の空間』にて藤娘を舞わせていただき多くの方に喜んでいただきました。伝統文化は敷居が高いと思われがちですが、KYOBIで学んだ伝統工芸や日本文化の知見をいかし、これからも日本の美を国内外に発信していきたと考えています。

Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515