employment 就職・資格

インテリアプランナー

住空間のトータルプランニング能力を示す資格。住宅以外にも商業施設、オフィス、ホテル、イベント会場、学校、病院、美術館、駅・空港など、あらゆる建築物の内部空間を対象に、企画から設計・積算・プレゼンテーション・工事監理まで一貫して行います。
学科試験に合格し、登録すると「アソシエイト・インテリアプランナー」の称号が付与され、さらに設計製図試験に合格し、登録(登録には建築士資格を取得、もしくは実務経験が2年必要です)するとインテリアプランナーの有資格者となります。

あらゆる建築物の内部空間をプロデュース!

あらゆる建築物の内部空間において、設計、家具のプランやコーディネート、施工管理などを行います。色彩感覚、企画・デザイン力、建築全般の豊富な知識が求められます。

奨学金として、講座授業料52万円を全額免除!

3年次に開講する受験対策講座(学科・設計製図)の授業料52万円を全額奨学金として希望者全員に給付します(返還不要)。

インテリアプランナーについて

どんな資格?

人々に望ましいインテリア空間のあり方を提案する専門家。
インテリアに関する企画・設計・工事監理を行う知識と技術に習熟した専門家。学科試験に合格し、登録するとアソシエイト・インテリアプランナーの資格が与えられ、さらに設計製図試験に合格し、登録するとインテリアプランナーの有資格者となります。

取得のメリットは?

生活に身近なインテリアの視点で暮らしの課題を解決できる。
有資格者は、店舗や商業施設などの室内空間に関する企画・設計から工事監理までを実践するスペシャリストとして活躍できます。生活に身近なインテリア設計の視点から、暮らしの問題を解決することが可能です。

卒業後の進路は?

建築系のさまざまな企業で即戦力として期待される存在に。
インテリアデザイン事務所、インテリア設計・施工会社、建築設計事務所、建設会社などさまざまなフィールドで活躍することが可能。現在、全国で約8,600名のインテリアプランナーが活躍しています。

受験対策講座と試験の流れ

※ アソシエイト・インテリアプランナーとは、2016年度より新たに設けられた資格で、インテリアプランナーの学科試験に合格し登録することで付与されます。
インテリア設計などに関する知識を有し、建築士またはインテリアプランナーの指導のもと、インテリア設計などの補助業務を行います。

合格者の声

パースを描く力を、
将来自分の店舗のデザインにも生かしたい。

パースを描く力を身につければ、将来自分の店舗を持つ際などにも役立つはずだと考え、インテリアプランナーの資格取得に挑戦しました。私は3年次に二級建築士の資格を取得していましたので学科試験が免除され、4年次に製図の対策講座のみを受講し、パースを描く技術や着彩をする技術を学びました。パースは下書き、ペン入れ、着彩と3工程があり、平面図との整合性も求められるため、慣れるまでは時間内に終わらせるのにひと苦労。私は講座以外の時間にも苦手分野を反復練習してスキルを磨くようにしていました。大変な思いもしましたが、パースが描けるようになると楽しいですね。自分の思ったように空間を設計できることに面白さを感じています。

美術工芸学科 4年生保田 芽生
Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL0120-33-3372