※仮称・設置構想中。計画内容は予定であり、変更することがあります。

「京都」という創造空間に、 建築と芸術を融合させた理文を超えた学びが誕生します。

1000年の都、そして日本文化の宝庫である「京都」に新しく開設する「建築学部 建築学科」。本学部では、開学以来重視してきた建築分野と美術工芸分野を融合させた学びを継承しつつ、現代の建築を取り巻く社会環境に対応して、「建築デザイン領域」と「伝統建築領域」の横断的融合による新たな教育を実践し、建築と芸術の融合による新しい造形の可能性を追究します。また、建築に関する幅広い知識、技能を身につけた「建築をベースにした高度専門職業人」を育成し、社会の発展に貢献するための建築的課題解決力、伝統から革新を生み出す構想力を修得することをめざします。

伝統と先端をオーバーラップさせる、 京都で初めての「建築学部」での学び。

KYOBIのキャンパスは、京都の歴史・文化を色濃く残す地域にあり、学生の街・京都の中でも最高の立地条件を備えていると言えるでしょう。京都東山キャンパスから少し足を延ばせば、そこには寺社仏閣、京町家、路地、近現代建築など、多種多様な建築物が存在します。それらを直接見て触れて、さらには調査を通じて蓄積された歴史の中にある技術と智恵を学び、現代に生かせるような教育プログラムを用意しています。

建築はさまざまな分野から成り立ち、工学的な面でも芸術的な面でも日々進歩しています。それは、より豊かな建築や都市をつくるためであったり、環境問題などの現代のさまざまな解決すべき問題に対応するためです。設計の技術的な面で言うなら、近年ではコンピュータのスキルは必須です。そのような最新の知識と技術をわかりやすく修得できるような学びを展開します。

建築学部3つのキーワード

伝統と先端を融合するK Y O B I の学び

京都での学び

京都全体をキャンパスとする学びを展開

大学から徒歩圏内にある神社での実測調査や京都の建築物、街並み、庭園などを現地調査してパンフレットを作成する実習など、京都という立地の特性を生かした授業が充実しています。文化財・伝統建築から近現代建築まで、極めて幅広い年代の建築物が身近にある京都ならではの学びを展開し、京都の街全体をキャンパスととらえます。

BIM・CAD

最新のコンピュータスキルを早期に習得。

建築業界で広く求められているBIM・CADの学習を1年次後期からスタート。2年次からはBIM・CADに触れる演習授業を増やし、2年次の建築設計に活用できるレベルをめざします。コンピュータスキルを早期に身につけることで、独自のデザインや調査結果を表現するためのツールとしてだけでなく、考えるためのツールとして使いこなせることをめざします。

異なる価値観の共存

制約の中から個々人の最良の創造を

建築には、敷地、予算、施主の要望といった多くの制約の下で最良の提案をする資質が必要です。しかし、その提案は提案する人それぞれの価値観によって異なります。例えば、椅子を小さな建築と見立てて制作する課題では、材料は1枚の木の板のみという条件とし、機能性だけでなく造形性も両立させるデザインを試みます。そこでは、ものをつくることだけでなく、他者の作品も共有することで、「異なる価値観の共存」を理解するきっかけをめざします。


他大学では在学中に取得できない

「二級建築士・木造建築士」資格が

在学中に取得可能です。


グループ校の京都建築大学校(KASD)とのWスクールシステムにより、「二級建築士・木造建築士」資格の在学中合格を可能にしています。この最短合格のシステムは、他大学にないKYOBIだけの制度です。建築士の資格を在学中に取得できれば卒業後の進路選択でも大きなアドバンテージになります。さらに、大学院を含めた6年間で、「一級建築士」資格の最短合格をめざすこともできます。

教員メッセージ

伝統と先端を融合するK Y O B I の学び

3つの持続可能性を体現できる
建築・まちづくり、
京都はその最高のフィールド

KYOBIの建築学科には地域に根差した「伝統建築領域」とグローバルで先端的な「建築デザイン領域」および両者の「融合領域」があり、あえてコース制を導入せず、研究室に所属するまで全員が同じカリキュラムのもと学修します。それは「伝統」と「先端」を個別のものととらえるのではなく、両者をオーバーラップさせることで、現代に歴史の智恵を活かす、伝統に先端の方法論を取り入れるといった新境地が生まれることを期待するからです。学びの場は多様な時代の建築が共存する京都です。価値観は時代とともに変化します。これほどまでにさまざまな時代の建築が同時に存在している京都の状況を、私は「異なる価値観の共存」と表現しています。そこには環境的持続可能性、社会的持続可能性、文化的持続可能性を含めた持続可能性のヒントが詰まっています。建築・まちづくりはそれらを体現できるアクションであり、京都はその最高のフィールドなのです。

建築学部長(就任予定)/博士(工学)/一級建築士

髙田 光雄 教授

Open Campus
資料請求
お電話でのお問い合わせ TEL 075-525-1515